納会の企画とツールを作ってみた2020

先日投稿されたsinさんの記事「ZoomとYouTubeで納会をすることに決めた」で紹介されていたアンテクの2020納会が12月18日(金)に無事開催され終了いたしました。拍手。

そんなアンテク納会ですが、今回私はその納会の企画側として携わらせていただきました。

そもそも入社してから一度も経験したことのない行事だったのと、今まで会社の人とワイワイやるイベントにほぼ参加の経験が職業上なかった自分がやって思ったことは

参加者に対して人を楽しませるコンテンツを作らなくてはいけないこと然り、委任してくれた上の人を納得させる為の企画(パッケージ)作り、スケジュール管理、自分の出来ない作業を他の人に協力してもらうこと、など。凄く大変

こんなたくさんの課題がある中でたくさんの人の協力を得てなんとか実行に至った今回の納会ですが、アンテクの技術を駆使して何をどこまで出来たのか記録も含めて振り返ってみたいと思います。

企画

まずは何をやるか。コロナ禍もあり出来るだけ参加者がリモートで楽しめるようにと協議の結果

  • 美味しいものを贈る
  • YouTubeでラジオ配信
  • zoom雑談部屋&中継
  • リモートビンゴ大会

をやることに。

この企画の内容のほとんど自分の案ではなく、他の方が綺麗にまとめて作りあげてくれた内容なので、自分から“企画すること”においてはまた別の機会にリベンジしたいなと。
実はこの何をやるかを決める時点までに自分に出来ないことが多すぎて結構色んな人を困らせてしまった裏エピソードも…

特に企画に携わってた皆さんと事務所に来ていた皆さん、ご迷惑おかけしてすみません。

同時に、困ってる時に助けて下さって本当に有り難うございました。それがとても嬉しくて思った以上に頑張れたな、という達成感が今回得られて良かったもののひとつにあります。

美味しいもの!

「納会当日に各家庭で美味しいものが食べれたら嬉しいよね」と、アンテク代表ことsinさんのご意見で皆さんの家庭に美味しい食べ物を贈れることに。

星の数ほどある美味しいものの中から各家庭で美味しく食べれるであろう料理を選んでくださったのは、同期かつ一緒に今回の企画に任命された大川さん。ポテンシャルの高いサーバーサイドエンジニアさんです。

そんな彼が出してくださったラインナップはコチラ

料理はラインナップの中から好きなものを選択できて後ほど各家庭に冷凍便でお届けされるというもの。
そしてなんと参加者の投票をとった結果、

  • 肉のヒマラヤ:6名
  • サーモンたたき:6名

見事に割れました。今後アンテク肉派vs魚派でバトルができるかもしれないですね。

ちなみに私は今回サーモンにしました。最初は絶対に肉だと思っていたのですが、サーモンの方が解凍するだけで食べれるので楽でいいなと思い立ちサーモン変更。

感想を正直に言うと、はちゃめちゃに美味しかったです。

大川さんありがとう。大川さんのチョイス大正解です。と、リモートの中遠く離れた大川さんを仰ぎながらサーモン丼作って堪能しました。ご馳走様です。

写真撮っておけばよかった。

アンテクラジオ2020

今回の納会の肝の部分です。今回このラジオ企画から準備までしてくださったのはONTEKUの業務で配信慣れしているYさん。普段はギターとベースの先生をされていて先日めでたく教室長になられたとのこと。

ご本人もラジオが好きということで「オールナイト●ッポン0」みたいなのやりたいですと画像素材から音楽素材までひとりで用意されておりました。

ひとつだけ画像でフォントの調整の相談を受けたので本業らしいこと(※デザイナー)しなくてはともらった画像がこちら

※一部フォントだけ調整しました

オールナイト●ッポン0だ…

そんな感じで用意に至ってはあまりお力添えできなかったので配信中なにかお手伝いできることはないかと、やったことはなかったのですが当日配信に映るカメラの切り替えなどをやるスイッチャーに立候補しました。

使い方を教えていただいてこんな感じで配信画面やzoomとの中継をつなげる画面にしたりなどやってました。

ラジオはそうでもなかったんですがビンゴの時は画面の切り替えが多く、当日何度も画面を間違えてしまったのが心残りでしたが、OBS(配信画面自体の切り替え)をやられていたYさんの準備や画面作りもあって全体的には良い感じの配信ラジオだったと思います。

サプライズで大川さんのお家に来ていたカオナシ(彼女さん)がzoom部屋の子ども達に大ウケで楽しそうでした。

ビンゴ大会&ビンゴツール制作

今回主に自分が担当して齷齪していた部分です。ビンゴの景品を他の人に手伝ってもらいながらリストに集めたり、景品ツールをつくったり、ビンゴカード郵送したりなど。

ビンゴ大会はリモートの配信でおこなわれたのでカードをあらかじめ各家庭に郵送したのですが無駄にメッセージカードまでつけてみたり。

イラストのうさぎは前にデザインの記事でもご紹介した先輩デザイナーのきょんさん作のうさちゃん。

可愛い上に汎用性も高いのでよくきょんさんに「使ってもいいですか?」とお借りしてしまいます。

最後にリモートでのビンゴ大会の課題に上がっていた「景品を直接会場で見れないからわからない」問題を解決すべく、ビンゴの景品一覧を確認できるツールを作りました。やっとwebデザイナーらしいことやってるな、という感じかもしれませんがこんな感じのものができました。

メインはHTMLとCSSの構築ですが景品をクリックすると

大好きなjQueryのclickメソッドで商品詳細が見れる仕様に。

ただし今回の納会で自分が作れたのはここまでで実はこの景品ツール欠陥部分があり、景品獲得の差し押さえ的なビジュアルを起こすシステムが搭載されておらず。

本来ならば自分が作った後に大川さんに協力してその部分を搭載してもらう予定だったのですが、期限もギリギリで自分がこのツールの動きをどういう仕様にしてほしいのかの説明をすっ飛ばして大川さんに投げてしまったのと大川さんの抱えている案件が忙しくなってしまい実装今回は叶わず。
(それでも自分の時間削って途中まで作ってくれていた)

なら当日どうしていたかというと、インフラ刑事ことテクニカルディレクターのしーさんが当日みんなが見れる用にサーバー立てて当日の景品の差し押さえはリアルタイムでシェルスクリプトのコマンドを叩いて更新してくれていました。

ラジオではきょんさんと一緒にパーソナリティーもお勤めしてくださいました。本当に感謝の限りです。なんでも出来ちゃいますねにこにこ企画室。

おわりに

他にもラジオの出演者や当日オフィスで手伝ってくださった方、参加してくださった方のご家族も含めご協力有り難う御座いました。

今回初めて会社で開催するイベントの企画側に回ってみて、改めて企画って皆さんの善意と協力があってこその賜物だな、としみじみ再認識しました。
思ったより大変だったとは言ってしまっていますが、学べたことや得られたことが自分にとってとても多く、最後までやらせていただけて本当に良かったと心から思います。

また今後も何かの企画に参加できたら嬉しいです。

TAGS使用タグ一覧